「延岡の実験」原点に 吉野氏ノーベル賞 「まさか、まさか」声弾ませ

西日本新聞 社会面 古川 幸太郎 森井 徹

 誰もが手にする「リチウムイオン電池」の開発が世界的な栄誉に輝いた。モバイル時代を切り開き、環境問題にも貢献したとして9日、ノーベル化学賞が決定した旭化成の吉野彰名誉フェロー(71)。「壁にぶつかっても、何とかなるという柔らかさ」が信条で、若い研究者や子どもにもエールを送る。各地から称賛の声が届く中、夫妻ともにユーモアを交えた受け答えで喜びを表した。

 「宮崎での実験がリチウムイオン電池を生んだ」。ノーベル化学賞の受賞が決まった吉野彰さんは9日夜、東京都千代田区の旭化成本社で記者会見。スマートフォンなど現代社会を支える成果につながった研究を感慨深げに振り返った。

 午後7時25分ごろ、記者会見は数百人の社員が見守る中で始まった。緑色のネクタイ、スーツ姿の吉野さんはバラの花束を手渡され、「順番が来たら(ノーベル賞を)取ると思っていたが、まさか、まさか」と声を弾ませた。

 スウェーデンのストックホルムからの連絡は、会社の固定電話にかかってきたという。唐突に「おめでとう」と英語で声をかけられ、インタビューが始まった。「『来たな』と思ったけど、私の英語が世界に広まってしまう」と、会場の笑いを誘った。環境問題への貢献が評価されたことを明かし、将来について「蓄電システムを生かし、再生エネルギーで発電する社会をつくっていかなければならない」と力を込めた。

宮崎県の天気予報

PR

宮崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ