長期滞在 日本満喫 寺社、カラオケ… 海外ファン、親切心に感動も

西日本新聞 社会面 小林 稔子 郷 達也

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は、11月2日の決勝まで折り返し時期。世界三大スポーツイベントでは五輪やサッカーW杯よりも大会期間が長く、日本に長期滞在する外国人ファンにとっては、試合のない日の過ごし方も大切だ。開催都市を転戦し、寺社見学や観光地を巡ってグルメも堪能。日本人の「温かさ」に触れる機会もあるようだ。福岡、熊本、大分と3会場を有する九州を訪れた外国人ラグビーファンに聞いてみた。YOUは日本で何してる?

 アイルランド出身のキーオ・ダミエンさん(27)は開幕直後の9月22日に初来日。横浜、静岡、神戸と母国代表の試合を全会場回っているという。

 初戦のスコットランド戦は日産スタジアム(横浜市)で観戦し、一緒に来日した友人と勝利に熱狂。だが、気付くと携帯電話がない。3日後に会場近くの警察署に向かったところ、既に携帯が届けられていたという。「母国ではまず見つからないから、感動した。帰国したら家族や友人に聞かせたい」と笑顔を見せる。

 予選最終戦がある福岡に7日に入り、福岡市博多区の櫛田神社やキャナルシティ博多を巡った。建設関係の仕事をしているので、神社の造りや福岡の街並みも気に入った。「日本はどこも静かでごみもない。バス運転手がわざわざバスから降りてごみを拾っていたんだ。アメージング(素晴らしいよ)!」

 W杯サイトで日本のあいさつも学んだが、威力を発揮したのは翻訳アプリ。積極的に日本人とコミュニケーションを図ったという。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ