『海峡に立つ 泥と血の我が半生』  許永中 著 (小学館、1760円)

西日本新聞 夕刊

『海峡に立つ泥と血の我が半生』 許永中著(小学館、1760円) 拡大

『海峡に立つ泥と血の我が半生』 許永中著(小学館、1760円)

 在日韓国人2世の著者は、「戦後最大のフィクサー」の異名を持ち、現在は韓国・ソウルで介護や都市開発などの事業を手掛けている。幼少時代やイトマン事件など、その半生を振り返る。「日韓関係史を生きた男」と呼ばれる歴史学者・崔書勉氏との対談も巻末に収録。

PR

PR

注目のテーマ