傘突き女を“尾行”特定に貢献 パート女性に感謝状 博多署

西日本新聞 古川 大二

博多署長から感謝状を受け取った吉永綾子さん 拡大

博多署長から感謝状を受け取った吉永綾子さん

 博多署は11日、児童が傘で腹部を突かれる暴行事件の容疑者逮捕に貢献したとして、福岡市博多区のパート従業員吉永綾子さん(41)に感謝状を贈った。吉永さんは容疑者とみられる女を“尾行”し、住まいをほぼ特定。署に情報提供し、事件の解決につながった。

 7月30日午後、福岡市博多区のJR吉塚駅前で女子児童(7)が腹部を傘で突かれる事件が発生。署は9月12日、暴行容疑で同区の女(52)を逮捕した。

 事件前から、子どもが通学する小学校の保護者の間で「擦れ違いざまに傘を向ける女がいる」とのうわさを耳にしていた吉永さん。7月27日午後、同区の勤務先近くで通行人に傘を向ける女を目撃。約10分間追跡し、自宅とみられるマンションを確認した。後日、捜査で勤務先を訪れた捜査員にその情報を伝えた。

 署によると、現場付近では事件前も女に関する通報が複数あったが、容疑者を特定できなかったという。大森浩明署長は「勇気と正義感に感服です」と感謝しきり。吉永さんは「後を振り向かれたらと思うと怖かったが、解決してよかった」と語った。(古川大二)

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ