若松 満喫しよう 12日、13日マルシェやフリマ 「落ち着いた空間味わって」

西日本新聞 北九州版 米村 勇飛

上野海運ビルで「若松ベイサイドマルシェ」の来場を呼び掛ける内田義之さん 拡大

上野海運ビルで「若松ベイサイドマルシェ」の来場を呼び掛ける内田義之さん

「FUN!FUN!アーケード」の会場となる明治町銀天街

 若松区を盛り上げようと12、13の両日、同区東部でマルシェ(市場)やフリーマーケットといった三つのイベントが開かれる。主催者は「街中の会場を巡り、若松を満喫してほしい」と呼び掛けている。

 イベントは、1913年築の上野海運ビル(同区本町1丁目)で開く「若松ベイサイドマルシェ」▽明治町銀天街とエスト本町の両商店街で行う「FUN!FUN!アーケード」▽若松恵比須(えびす)神社(同区浜町1丁目)の「手しごとの市」-の三つ。

 「若松ベイサイドマルシェ」は2回目の開催で、映画やCM撮影にも使われた上野海運ビルのレトロな雰囲気に合った「おしゃれな大人のためのマルシェ」がコンセプト。県内外の雑貨販売や飲食の約50店が出店予定で、昨年の約3千人を超える来場者を見込む。広報担当の内田義之さん(45)は「ビルからの風景を含め、どこにもまねできないマルシェ。落ち着いた空間を味わいに来てほしい」と話す。

 「FUN!FUN!アーケード」は商店街以外の店も含め約50店が出店。「手しごとの市」は小物の制作体験などがある。 (米村勇飛)

 

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ