「8050問題」考える 20日に引きこもり講演会 福岡市

西日本新聞 ふくおか版 小林 稔子

講演するジャーナリストの池上正樹さん 拡大

講演するジャーナリストの池上正樹さん

 引きこもりについて理解を深める講演会「8050問題を考える~家族や社会ができる事~」が20日午後1時半から、福岡市南区の市男女共同参画推進センター・アミカスホールで開かれる。市精神保健福祉センター主催。入場無料だが、申し込みが必要。

 引きこもりが長期化し、80代の親が50代の子を養い経済的に困窮したり社会的に孤立したりする「8050問題」について、ジャーナリストでKHJ全国ひきこもり家族会連合会理事の池上正樹さんが講演し、経験者や家族の体験談や相談窓口の紹介も行う。

 定員200人。市精神保健福祉センターのホームページから申し込む。同センター=092(737)8825。 (小林稔子)

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ