『僕は発達凸凹の大学生』 山田隆一 著 (星和書店・1760円)

西日本新聞 くらし面

『僕は発達凸凹の大学生』山田隆一著(星和書店・1760円) 拡大

『僕は発達凸凹の大学生』山田隆一著(星和書店・1760円)

 本書の主人公はコミュニケーション能力や社会性に問題(凹)がある一方、集中力が高く、語学の才能もかなりのもの(凸)。本書は発達障害の大学生が凹に悩み凸を生かそうと奮闘する姿を、小説仕立てで描いている。著者は長崎県出身。小学5年生で自閉スペクトラム症の診断を受け、長崎大在学中にイタリア留学を経験。現在はNPO法人の非常勤職員。巻末に主治医による解説と検査結果の分析もあり、発達障害に関心ある人の参考になりそう。

PR

PR

注目のテーマ