田中美久、新エースの決意 自作のソロ曲熊本で初披露 HKT九州ツアー (3ページ目)

西日本新聞 古川 泰裕

 ◆5期生・伊桜莉にも温かい拍手

 もう一人の熊本出身・5期研究生の田中伊桜莉(17)も、初めての地元コンサートで躍動した。Twitterでカウントダウン企画として、熊本の名所や会場の県立劇場への行き方を紹介するなど、この日を心待ちにしていた。

 昼公演のステージでは、同期メンバーとともに「バグっていいじゃん」を披露、アンコールでは松岡菜摘に話を振られてMCにも参加した。「今までは見る側だったので、こうして皆さんの前で歌ったり踊ったりできて、とってもうれしいです!」。初々しく客席に喜びを伝え、村重杏奈にうながされて自らのキャッチフレーズを披露した。

 MCを終えて後列に下がった後も、同郷の先輩である田中美久に「頑張ろうね」と話しかけられ、元気いっぱいに「ハイ! 頑張ります!」と返答。夜公演でも同じタイミングでマイクを握り、「また熊本に帰って来られるように、私自身もっともっと頑張ります」と宣言し、会場の温かい拍手を浴びた。

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ