元町課長が立候補へ 大刀洗町長選 後援会事務所開き

西日本新聞 筑後版 大矢 和世

 任期満了に伴う大刀洗町長選(来年1月14日告示、19日投開票)で、元町地域振興課長の矢野孝一氏(61)が立候補の意向を固め、後援会が12日、大刀洗町内で事務所開きを行った。

 矢野氏は「葬祭場建設や海外事業など現町政に疑問がある。笑顔で健康、活力ある町づくりをする」と述べ、事実上の立候補表明をした。近日中に正式な出馬会見を開くとしている。

 矢野氏は同町出身。町農業開発課、建設課、産業課長などを歴任し、2016年に退職した。町長選では3期目の安丸国勝町長が9月に不出馬を表明。これまでに中山哲志副町長(52)が事実上の出馬表明をしている。(大矢和世)

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ