三柱神社「おにぎえ」開幕 柳川市 どろつくどん練り歩く

西日本新聞 筑後版 森 竜太郎

三柱神社に奉納された「どろつくどん」 拡大

三柱神社に奉納された「どろつくどん」

 柳川市三橋町高畑の三柱(みはしら)神社で12日、秋季大祭「おにぎえ」が始まり、県無形民俗文化財の「どろつくどん」と、着物姿の女性たちが優雅な舞を披露する「踊り山」が市内を練り歩き、神社に踊りを奉納した。14日まで。

 おにぎえは「おおにぎわい」が語源とされ、江戸時代後期の1826年に始まった。どろつくどんは般若やお多福、天狗(てんぐ)の面をつけた踊り手が、大太鼓とドラの激しいリズムとともに山車から大きく身を乗り出して踊る。人の善悪や喜怒哀楽を表現しているという。

 13日は御神幸行列がある。どろつくどん5台と踊り山3台に加え、約10年ぶりに参加する大牟田市の大蛇山1基が午後1時に神社を出発し約4時間、商店街や堀端を練り歩く。同7時からは京町第2駐車場で「おにぎえ大競演会」がある。14日もどろつくどんが練り歩くほか、同神社で奉納カラオケ大会や抽選会などのイベントがある。(森竜太郎)

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ