高橋尚子さんが陸上教室 大分市でイベント

西日本新聞 大分・日田玖珠版 稲田 二郎

 障害がある人もない人も一緒にスポーツを楽しむイベント「スポーツオブハート」が12、13日、大分市中心部で行われた。「共生社会」の進展を目指し、障害者スポーツなどに触れる多彩な催しが行われた。

 主催は一般社団法人「スポーツオブハート」(東京)で、2012年から東京都内で開催。名誉理事のプロ車いすランナー廣道純さんが同市在住で、障害者スポーツが盛んなことから、大分市でも地方都市で唯一、17年から開催されている。

 初日は、シドニー五輪の女子マラソン金メダリスト高橋尚子さんの陸上教室が、歩行者天国となった中央通りで行われた。小学生から70代までの約80人を前に、高橋さんは長距離の走り方をアドバイスし、(1)視線は前方の少し下に据える(2)力を抜いてしっかり腕を振る(3)歩幅が広くなるよう腰の位置を高くする-を指摘。一緒に走り、走り方をチェックした。

 子どもたちや車いすランナー、全盲ランナーらがたすきをつなぐ「ノーマライズ駅伝」などもあり、沿道からは大きな声援が送られた。(稲田二郎)

大分県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ