境内包む温かい灯 飯塚市、正恩寺で光の藝術祭

西日本新聞 筑豊版 座親 伸吾

 飯塚市川島の正恩寺で13日夜、竹灯籠やガラス瓶に灯をともし、境内を温かく照らす「光の藝術祭」が開かれ、地域住民が楽しんだ。

 イベントは今年で4回目。事前のワークショップで、近くの竹林から伐採した竹を使い、子どもたちが灯籠や枝組みのオブジェなどを作り、会場に並べていった。「里山保全や放置林の活用も合わせて教えている」と実行委員会スタッフ。母や妹2人と一緒に来ていた小学1年の太田優楽さんは「お寺には保育園で来たことがあったけれど、(イベントは)初めてで、キレイだった」と喜んでいた。(座親伸吾)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ