「バー○○」イベント続々 「ママ」になりきり交流、20店達成 福津でサミット

西日本新聞 ふくおか版 郷 達也

 主婦や会社員など一般女性が「ママ」になりきり、バーに見立てた地域の交流拠点を提供するイベント「バー○○」の広がる勢いが止まらない。会員制交流サイト(SNS)などで人気を呼び、バー発祥の宗像市から九州各地、遠くは北海道まで「のれん分け」が相次ぐ。今月6日には、各地のママが一堂に会する「場ぁ(バー)サミット」を福津市で開催した。世代や業種を超えて人がつながるバー○○。魅力を探った。

 バー○○は2016年、主婦の中村洋子さんがママに、デザイナーの谷口竜平さん=いずれも宗像市=がオーナーになり、「農家と消費者の交流を深めたい」と始めた「バー洋子」が本家。月1回、谷口さん宅の元農機具倉庫を会場に参加無料で飲食物は各自持ち寄りというシステムだ。

 「気軽に参加できる異業種や地域間の交流の場」として口コミで広まり、ママ志望の女性が続出。福岡市や佐賀県小城市などでママ計7人が誕生し、昨秋、1回目のバーサミット(B7)を大牟田市で開催。「次はママ20人を目指す」と「B20」を宣言していた。

 今回のサミットは、福津市副市長で「バー美幸」の松田美幸ママらが主催。長崎県壱岐市の「バーハルミ」、熊本県荒尾市の「場ぁ~ゆみ」、さらには北海道釧路市の「バー妄想」など、この1年で新規オープンしたママたちを含めた十数人と常連客など約50人が参加。それぞれが「バー自慢」を繰り広げた。

 ママは40~50代が中心。会場は集会所や事務所スペースなどさまざまで、福岡市早良区の保育園で夜に開かれている「Roco’sバー」には子連れ家族も参加する。主宰する古澤弘子ママは「子どもが普段過ごす場所に大人が集い、未来の子どもたちを考える人が増えてほしい。地域で孤立する人がいなくなり、誰かとつながって幸せになれる場になれば」と意気込む。

 「バー妄想」の小野寺千穂ママは、仕事以外に楽しめることを「妄想していた」ころ、バー洋子をインターネットで知り、バーを開設。「北海道は町と町が遠く、顔を合わせる機会があまりない。リアルに会えるバーをきっかけに、私と同じ移住者や転勤者もすぐに地元に溶け込み、交流が深まった」と笑顔を見せる。

 サミットでは、日本酒やようかんなどご当地の飲食物が持ち込まれ、バー談議で盛り上がった。「誰かに食べたり飲んだりしてほしい」と自ら持ち寄って、人に勧めることから会話が始まり、各地域の魅力の語り合いへつながっている。

 この日、新たに北九州、糸島、福津各市と芦屋町での新たなバー開設が決まり、「B20」を達成した。美幸ママは「自分のやりたいことや地域の課題を安心して持ち込め、同志が見つかったり応援してくれる人がいて勇気が出たりと、そんな場づくりが広がってほしい」と期待を込めた。 (郷達也)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ