30カ国 平和のたこ揚げ 「一つの空」同時に長崎市でも

西日本新聞 長崎・佐世保版 西田 昌矢

 平和を願い、国境のない空に世界中でたこを揚げるイベント「世界一斉ハタあげデーin長崎」が13日、長崎市松山町の平和公園で開かれ、子どもと保護者約70人が参加した。

 同様のイベントは米国のたこデザイナーの女性が提唱した「ワンスカイ・ワンワールド」のスローガンの下、10月の第2日曜の正午に合わせ、約30カ国で行われている。「ハタ」の名称でたこ遊びが親しまれている長崎では市民団体「ながさき熱人(ねっと)」が2017年から始めた。

 子どもたちは「平和」の文字をあしらったたこを揚げようと、懸命に公園内を走り回った。同市上野町の山里小2年山田惺奈さん(7)は「たこを揚げている世界中の人とお話してみたい」と笑顔で語った。(西田昌矢)

長崎県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ