高橋是清、辰野金吾、大島小太郎など18人 唐津の偉人紹介本 商議所会頭 宮島さんが出版

西日本新聞 佐賀版 津留 恒星

 唐津市の老舗しょうゆメーカー「宮島醤油」の社長で、唐津商工会議所会頭も務める宮島清一さん(68)が、著書「時代を拓いた唐津の先人」(海鳥社)を出版した。日本近代化に貢献した市出身者など18人を紹介。宮島さんは「明治維新や近代化を唐津という定点から観察した本になっている」としている。

 同市出身の宮島さんは2002年から04年にかけて、近代化を支えた唐津の偉人らを会社ホームページで連載した。読者から「ぜひ本にしてほしい」という声が多かったことから、連載記事をベースに内容を書き加え、一冊にまとめた。

 本では、唐津藩の英語学校「耐恒寮(たいこうりょう)」で英語教師を務め、後に首相となった高橋是清や、教え子で東京駅を設計した建築家辰野金吾、佐賀銀行の前身・唐津銀行を創立した大島小太郎、経済学者で早稲田大2代目学長の天野為之など、耐恒寮を巣立った人物を多く紹介。官営八幡製鉄所の設立に尽力した長谷川芳之助なども取り上げ、学問や教育、産業の分野で活躍した18人の生涯をつづっている。

 宮島さんが撮影した東京駅や日本銀行本館などの参考写真を多く掲載し、読みやすさを工夫している。

 A5判、白黒の約400ページで、約3千冊を作製。宮島さんは「18人はそれぞれ、与えられた環境や制約の中で自分に合った生き方を模索し、社会に貢献した人たち。若い人にも読んでもらい何かをつかんでもらえたら」と話している。

 税込み2750円。唐津商工会議所や県内書店などで購入できる。同商議所=0955(72)5141。(津留恒星)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ