福岡シネマファン倶楽部、1周年祝い食事会 「それぞれの気付き、面白い」

西日本新聞

 新作映画を映画館で鑑賞し、毎月1回合評の集いを開いている「福岡シネマファン倶楽部(クラブ)」(福永真理子代表)が発足1周年を迎え、12日、福岡市内のホテルで祝賀食事会を開いた。

 会員は現在、福岡県を中心に北部九州の31人。合評の集いでは、気に入った作品について見どころ、感想などを語り合う。「それぞれ違う視点、感想には気付きがあって面白い」という。毎年、会員投票で年間ベストテンを決める。

 食事会では、KBCシネマの宮定貴子支配人らが出席し、上映作品の選び方や今後の推薦作を紹介。会食では、ベネチア国際映画祭金獅子賞作で、アカデミー賞で監督賞など3賞を取った「ROMA/ローマ」(アルフォンソ・キュアロン監督)が話題になり、「さまざまなマイノリティー差別の問題が詰まっていて、見応えがあった」などという声が上がっていた。(吉田昭一郎)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ