懐かし漫画かるた公開 大牟田市 萩尾望都さんら地元漫画家の作品も

西日本新聞 吉田 賢治

 福岡県大牟田市の三池カルタ・歴史資料館で、昭和30~40年代を中心に人気を集めた漫画を題材に製作されたかるたや、同市出身の漫画家の作品を集めた「なつかしのまんがカルタまつり」が開かれている。「鉄腕アトム」「巨人の星」「タイガーマスク」といった少年たちが熱狂したヒーロー漫画の主人公などを描いたかるた50セットがずらりと並び、子ども心を呼び覚ます企画展になっている。

 かるたは同館所蔵品。手塚治虫さんや横山光輝さん、川崎のぼるさんらの当時の人気漫画を基に製作され、一般に販売されていた。会場には、同市の漫画コレクター原田誠一さん所蔵の漫画本も、かるたに併せて展示されている。

 梶原伸介館長は「漫画かるたは当時、子どもたちの遊びとして人気があった。幼い頃を思い出しながら、コミュニケーションツールとしてのかるたの魅力を再認識してほしい」と話す。

 大牟田出身の漫画家の作品や資料は、約300点展示。いずれも原田さんの所蔵品で、少女漫画の巨匠萩尾望都(もと)さんや、ギャグ漫画で一世を風靡(ふうび)した鴨川つばめさんなど、20人以上の漫画家の足跡を見ることができる。

 このほか同市が舞台の映画「いのちスケッチ」(瀬木直貴監督)のパネルや、主人公のモデルとなった大牟田市出身の漫画家三隅健さんが描いた未発表作品の原画なども展示されている。 (吉田賢治)

萩尾望都さんの名作「トーマの心臓」とは

 ▼なつかしのまんがカルタまつり 12月8日(日)まで。福岡県大牟田市宝坂町2丁目の三池カルタ・歴史資料館。入場無料。開館は午前10時~午後5時。期間中は毎週月曜(祝日の場合は翌日)と毎月最終木曜が休館。同館=0944(53)8780。

    ◇      ◇

■映画「いのちスケッチ」瀬木監督ら 20日にトークイベント

 トークイベント「大牟田が生んだ漫画家と大牟田から生まれた映画」が20日(日)午後2時から三池カルタ・歴史資料館で開かれる。映画「いのちスケッチ」の瀬木直貴監督、大牟田大使で詩人の道山れいんさん、小学館の漫画編集者の3人が出演。11月24日(日)午後1時半からは漫画コレクター原田誠一さんによるミュージアムガイドもある。いずれも参加無料。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ