空飛ぶ医師団が活動報告 長野で患者移送や医療支援

西日本新聞 佐賀版 北島 剛

 台風19号で被災した長野県に派遣された救助チーム「空飛ぶ医師団」の医師2人が15日、県庁を訪れ、現地での支援活動を報告した。13~15日の3日間、長野市のリハビリテーションセンターや病院で患者移送や医療支援を行った。

 派遣されたのは佐賀大医学部付属病院高度救命救急センターの朝日美穂さん(32)と松岡綾華さん(31)。災害支援活動に取り組む佐賀市のNPO法人「アジアパシフィックアライアンス(A-PAD)・ジャパン」の活動の一環で、専用機で佐賀空港から富山空港に向かい、ヘリに乗り換え長野県に入った。

 現地では千曲川の氾濫で大規模な浸水被害が発生。朝日さんは「水が引かずに救急車の通れる道が限られていた。停電していて、佐賀から持って行ったランタンが喜ばれた」などと現地の様子を報告。災害支援は初めてという松岡さんは「状況をのみ込めていない患者もたくさんいたので、不安を取り除けるように声を掛けながら寄り添った活動ができた」と話した。(北島剛)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ