福岡市科学館、来館者250万人 想定より3年早く達成

西日本新聞 ふくおか都市圏版 泉 修平

 2017年10月に開館した福岡市科学館(同市中央区六本松)の来館者数が16日、250万人に到達し、記念式典が開かれた。同館によると、多彩な催しや九州最大級のドームシアターなどが好評でリピーターも多く、想定より3年早い達成となった。

 250万人目となったのは同市城南区の幼稚園教諭、結城藍子さんと長男遼ちゃん、次男瑛介ちゃんの親子。式典で伊藤久徳館長からミニプラネタリウムなどの記念品が手渡された。2度目の来館という結城さんは「宇宙や星など科学に触れることができ、子どもの興味を深めることができる良い場所」と話した。

 同館では11月23日から、永久凍土で発掘された古代の動物の冷凍標本を公開する特別展「マンモス展」(西日本新聞社など主催)が予定されている。 (泉修平)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ