17日から日本OPゴルフ 鶏のすき焼き、肉まんに

西日本新聞 ふくおか版 今井 知可子

 国内外のトップゴルファーが参戦する第84回日本オープンゴルフ選手権が17~20日、古賀市鹿部の古賀ゴルフ・クラブで開かれる。全国から多くのギャラリーが集う大会で特産品をPRしようと、地域活性化グループが鶏肉を使ったすき焼きを包んだ特製肉まん「鶏すきまん」を開発。会場で限定販売する。

 古賀市をはじめ宗像、粕屋地域では牛肉ではなく鶏肉を使ったすき焼き「鶏すき」が家庭料理として根付いている。この味わいを広めようと活動する地域グループ「九州鶏すき学会」が新商品を生みだした。

 材料は古賀市で加工する銘柄鶏「はかた一番どり」と市内産のゴボウ、ニンジンなど。農産物加工グループ「まんま実ーや」の女性たちが郷土の味付けを再現して調理した。

 鶏すきまんは期間中、ギャラリープラザで300円(税込み)で500個販売。同プラザにはほかにも市内事業者が特産品などを出店する。ギャラリープラザ入場には観戦チケットが必要となる。 (今井知可子)

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ