ハロウィーン、マナー守って トイレ占拠し着替え 苦情も

西日本新聞 ふくおか都市圏版 黒田 加那

 「ハロウィーンの時期は街が怖くて出歩けない」。福岡市の女性からこんな声が寄せられた。近年ではすっかり日本でも定着したハロウィーン。パーティーやイベントで盛り上がりを見せる一方、昨年には東京・渋谷で仮装した人々が集まり、騒ぎを起こして話題になった。福岡の現状はどうなっているのだろう。

 福岡県内では今年も、各地でさまざまなイベントが予定されている。キャナルシティ博多(同市)などが27日午後2時から開く「博多ハロウィン仮装パレード&コンテスト」は、参加者が思い思いの仮装で博多リバレインモールからキャナルシティまで練り歩く。定員500人の事前申し込みを早々に締め切る年もあるほど人気だという。「派手な仮装はしにくい」という人向けに、同日午後3時半からは地味な仮装を楽しむ「地味ハロウィン」もある。

 仮装のための更衣室は用意せず、主催者は自宅などで着替えて来るよう呼び掛けている。担当者は「今までに迷惑行為は特になかった」。県警本部地域課も「近年、県内で大きなトラブルなどは把握していない」と話す。

    ◆   ◆ 

 では、取材班に声を寄せた女性はなぜ「出歩けない」のだろうか。

 女性は「街に集まる人たちが仮装のためにトイレを占拠してしまう」と心配する。女性の母親は車いすを利用しているため、2人で外出する際は多目的トイレを使う。そこを「更衣室」代わりにする人がいるという。

 JR博多駅近くの商業施設の多目的トイレで待っていると、15分以上たって家族連れが出てきたことがあった。中には衣装の外装などが放置されていた。知人も似たようなケースを目撃したと聞く。

 イベントでは主催者によるルールがあるが、友人同士などで集まる場合には縛りがない。「特に多目的トイレは、そこしか使えない人がいる。長時間の利用は避けてほしい」とマナー向上を訴える。

    ◆   ◆ 

 ただ、近年は街に繰り出すだけではない楽しみ方も広がっているようだ。

 毎年この時期に特設コーナーを設けている同市の天神ロフト。今年はカラフルな菓子や雑貨、約400種がずらりと並ぶ。コスプレ衣装では、魔女や映画のキャラクター風など50種以上をそろえる。

 2年前までは、買った衣装をその場で着て出掛ける客に専用の試着室を用意していた。しかし最近では衣装の売れ行きは落ち着き、全体的に売り場は縮小傾向だそうだ。

 「家で親しい人とパーティーを開き、盛り上がるのが流行」と担当者。写真映えするような見た目がかわいい菓子やバルーンが売れ筋という。

 だが、自宅でも盛り上がりすぎれば近所迷惑になることもある。街でも家でもマナーに気を付けて楽しみたい。 (黒田加那)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ