YOSAKOIさせぼ祭り開幕 雨の中 キッズ躍動 19日から14会場で演舞

西日本新聞 長崎・佐世保版 平山 成美

 佐世保市を熱気いっぱいの踊りで盛り上げる「第22回YOSAKOIさせぼ祭り」は初日の18日、メイン会場の名切お祭り広場で、子どもたちがかわいらしいダンスを披露した。夕方から開催予定だった前夜祭は雨で中止となった。

 午前11時すぎから始まった「キッズタイム」には、市内の幼稚園や保育園などから5チームが参加。全身を使った踊りや太鼓の演奏で拍手を浴びた。

 雨が降りだすと、実行委員会のスタッフがワイパーのような道具を使って、ステージにたまった水を取り除いた。予定の演舞を短縮するチームもあった。

 19日から市内14会場で、県内外の170チームが競演する。アーケード商店街では踊り子と観客が一緒に踊る「総踊り」や「1kmチャレンジパレード」、名切お祭り広場では23の学生チームが参加する「第11回青春グランプリ」がある。

 今年のテーマは「真祭(まつり)~新時代へのEVOLUTION~」。令和となった新時代に、あらゆる面で進化した祭りを目指す誓いを込めた。

 最終日の20日午後5時ごろから名切お祭り広場でファイナルステージがあり、今年の頂点に立つチームが決まる。実行委員会=0956(33)4351。

(平山成美)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ