観光大使にタイのチャオさん 柳川高現地校の副理事長、訪日客誘致に期待

西日本新聞 筑後版 森 竜太郎

 タイからの観光客誘致を本格化しようと、柳川市は18日、タイ南部のナコンシータマラート県で旅行会社を営み、柳川高が同県に設けた同高付属中副理事長を務めるテムラック・チャオさん(55)を27人目の柳川観光大使に任命した。

 チャオさんは金沢大大学院経済学研究科修士課程を1998年に修了。石川県警の通訳やタイ国会議員の秘書、ナコンシータマラート県商工会議所総事務局長などを務め、2016年の付属中開設にも関わった。

 外国人の観光大使は2人目。市役所で就任式があり、チャオさんは「付属中の効果で柳川の名はタイに徐々に浸透している。タイ人の日本観光に柳川が真っ先に選ばれるようにしたい」と抱負を述べた。金子健次市長は「柳川との懸け橋になり、絆をますます太くしてほしい」と期待した。

 修学旅行(16~20日)で柳川などを訪れている付属中2、3年の約30人もチャオさんとともに市役所を訪問。ゴンスィラッミ・ヌッムアンさんが「付属中に入学してからずっと柳川に行きたいと思っていた。おすしやアイスクリームなどがとてもおいしかった」と日本語であいさつした。

 付属中の修学旅行と柳川観光は後日、タイ全土でテレビ放映されるという。 (森竜太郎)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ