来訪者惑わす同名交差点 「松橋」7カ所「曲野」3カ所「御領」2カ所 宇城市松橋地区

西日本新聞 熊本版 長田 健吾

 地理に詳しくないドライバーや歩行者にとって交差点名は道をたどる大切な手がかりだが、宇城市には「松橋町松橋」の案内板を掲げる交差点が7カ所もある。さらに近隣には「曲野(まがの)」が3カ所、「御領」が2カ所ある。カーナビの音声は「間もなく松橋町松橋を右方向です」「松橋町松橋を左方向です」と次々と変化し、運転するうちに頭が混乱してくる。経緯を探った。

 同名の7交差点があるのは、宇城市松橋町松橋地区の半径約600メートル。5カ所が国道266号に、2カ所が県道14号にある。周辺には松橋高、松橋中、松橋小、松橋郵便局、松橋神社などがあり、「松橋」が地区を代表する地名であることが分かる。それでも交差点名は、区別した方が良いのではないだろうか。

 県道路保全課によると、交差点の名前は道路管理者が県警と市町村と協議した上で決め、案内板も道路管理者が設置する。国道266号は県管理のため、7カ所の交差点名は全て県が定めたことになる。

 同課は、交差点名は地名から付けることが多く、目印となる施設がある場合には「…前」とすることもあると説明する。重複を避けるのが原則で、「なぜ7カ所も同じなのか分からない」と困惑する。

 では、地元の宇城市は反対しなかったのか。担当者によると、交差点名について県と協議したはずだが、記録が見つからないという。「地区名は全て松橋町松橋で、目立つ建物もない。新しい道路ができたときに深く考えず交差点名が決まったのかもしれない」と推測する。

 そこで、地区の名前を調べてみた。

 一帯は2005年に合併して宇城市になるまで下益城郡松橋町大字松橋だった。02年の合併協議会で、同町内の大字は、宇城市松橋町松橋など、旧町名とつなげて表記すると決まった。

 「曲野」の3カ所と「御領」の2カ所も、それぞれ、かつての大字に相当する松橋町曲野と不知火町御領にあり、同様に名付けられたようだ。

 とはいえ、7カ所の交差点で大字より細かい区分けの小字がA、B…と違うなら、「松橋A」「松橋B」と変えることも考えられそうだが、宇城市によると、行政として小字を使うことはないという。

 合併協議会の資料によると、合併した松橋▽三角▽不知火▽小川▽豊野-の5町には1700もの小字があり、名前が重なる事例もあった。同協議会は「大字と番地で場所は区別できる」として小字を使わない住所表記を例示した。

 松橋町松橋の女性(84)は、取材を受けて初めて同じ交差点名に気付いたそうで「ずっと住んどるけん、不便なことはないです」と話したが、案内板としては再考の余地がありそうだ。

 県道路保全課は「交差点名は全ての人に分かりやすい表記にする必要がある。同じ名前が多い場合は変更も検討する」としている。(長田健吾)

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ