往年の名車、唐津に集結 ラリーニッポン 26日、中心部にぎわいづくり

西日本新聞 佐賀版

 日本を代表するクラシックカーのイベント「ラリーニッポン」が23日から4日間の日程で九州を舞台に開かれる。最終日の26日には名車約60台が唐津市の唐津中央商店街に集結し、市中心部のにぎわいづくりに一役買う。

 一般財団法人ラリーニッポンが主催。日本の歴史や文化を再発見し、世界に発信する目的で2009年に始まり、今回初めて九州を走る。ブガッティやベントレーなど1974年までに製造された車と国内外の愛好家が参加。23日に鹿児島市を出発し、阿蘇や熊本市、長崎市などを経由して26日に福岡市にゴールする。

 唐津にはドライバーらの昼食休憩で立ち寄り、同日午前11時半ごろから到着順に中央商店街に駐車して名車をお披露目。午後0時45分ごろに再出発する。クラシックカー滞在中は、中央商店街を歩行者天国にする予定。

 ラリー開催に合わせ、商店街に近い同市本町の旧唐津銀行では24~26日、幻の名車」と呼ばれる国産スポーツカー「トヨタ2000GT」のデザイナーで市出身の故野崎喩(さとる)さんを紹介する資料を展示。26日は実物の2000GTも特別展示する。

 ラリーニッポンin唐津実行委員会副委員長の坂本直樹・呉服町商店街代表理事(55)は「お祭り感覚で多くの人にクラシックカーを見に来てもらい、市街地の活性化につなげたい」と話している。(野村創)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ