【動画あり】「北野くんち」舞奉納 稚児ら参道練り歩く

西日本新聞 筑後版 大矢 和世

 久留米市北野町の北野天満宮で20日、例大祭「北野くんち」が開かれた。天満宮は菅原道真が祭神で、毎年10月第3日曜に催す例大祭の神幸行事は県無形民俗文化財に指定されている。

 かねや太鼓を打ち鳴らし「ヤーハイ、イーヤーハイ」と声をかけながら舞を境内で奉納した。その後約1・6キロ先の下宮までの参道を河童(かっぱ)の化身「風流師」、稚児などが練り歩いた。ご神体を載せたみこしの下を通ると無病息災で過ごせるとされ、参拝客が次々とくぐっていた。 (大矢和世)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ