第44期天元戦五番勝負 第3局 11月23日(金)

井山裕太天元 対 山下敬吾九段

佐賀県鹿島市「祐徳稲荷神社」

特設ページへ

天元戦第2局 井山勝ちタイに戻す

西日本新聞

 囲碁の井山裕太天元(30)=棋聖、本因坊、王座=に許家元八段(21)が挑戦している第45期天元戦5番勝負(西日本新聞社主催)の第2局が21日午前9時から、北海道ニセコ町の「いこいの湯宿 いろは」で打たれ、午後5時5分、161手で黒番の井山が中押し勝ちを収め、対戦成績を1勝1敗のタイとした。

 持ち時間各3時間のうち残りは両者とも1分。第3局は11月22日、福岡県久留米市の「ホテルマリターレ創世 久留米」で行われる。

 井山の黒33(12四)の打ち込みから戦いが始まった。白52(11五)のノゾキに手抜きして黒53(8三)と下がったのが井山らしい厳しい打ち回し。許の白56(4六)から64(5八)までの打ち方が疑問で、黒65(4九)まで左辺の黒の確定地が大きくなった。地合いが足りないと見た許は白108(6十三)と黒地に突入したが、届かなかった。

 立会人の趙治勲名誉名人は「井山天元の厳しい手に、許八段が少しひるんだように見え、それが最後まで響いた。許八段は気持ちを切り替え、次局では本来の厳しい碁を見せてくれると思う」と話した。

   ◇   ◇

勝負の手を打てた…井山天元 3局目は良い碁を…許八段

 井山裕太天元の話 序盤、自信はなかったが黒51(8四)、黒53(8三)と打つことができ、善悪は別にして勝負になったかなと思った。白108(6十三)と自陣に入られ、粘られてもおかしくなかった。第3局も精いっぱい準備して臨みたい。

 許家元八段の話 白56(4六)から白64(5八)まで左辺の形を決めたのは、はっきりまずかった。地が足りないので白108(6十三)から手を付けたが、うまくいかなかった。第1局、第2局ともまずい手が多く出たので、3局目以降は良い碁を打ちたい。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ