「小倉城竹あかり」市民ら準備に奔走 竹30トン使用 回廊、灯籠を作製 放置林による「害」周知へ

西日本新聞 北九州版 岩佐 遼介

 1万3千本以上の竹灯籠で小倉城やその周辺を照らすイベント「小倉城竹あかり」が11月2~4日に開かれる。街づくり団体などでつくる実行委員会は、放置竹林による「竹害」も市民に広く周知したい考えで、市民ボランティアらは準備に奔走している。

 イベントでは、タケノコの産地として知られる小倉南区合馬の竹約30トンを使用。小倉城大手門前広場や「歴史の道」などに竹灯籠を並べ、小倉城を幻想的に照らし出す。

 市民らは9月初旬から、廃校になった小倉北区の北小倉小で、約20メートルにわたる竹製の回廊や灯籠を作製。北九州市が推進する国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を後押ししようと、イベント後には竹炭や土壌改良材として再利用する。

 竹は繁殖力が強く、放置すると周囲の植生に影響を与え、地滑りが起きやすくなるなどの竹害が問題となっている。イベント発起人である「辻利茶舗」(小倉北区)の辻利之店主は「幻想的な雰囲気を楽しみつつも、竹害に思いをはせるきっかけになってほしい」と話している。

 イベントは午後5時半~午後9時。一部有料エリアがある。 (岩佐遼介)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ