「倒木や道路の穴」連絡を 日田市が専用アドレス

西日本新聞 大分・日田玖珠版 中山 雄介

 市道にあいた穴や街路樹の倒木情報を市民からいち早く知らせてもらうため、日田市が専用のメールアドレスを作り、情報を受け付けている。メールに画像を添付してもらうことで、現地の状況を正確に把握でき、大規模災害時の活用にも期待がかかる。

 市土木課によると、ガードレールの損傷や道路のアスファルトがはがれているなど、市への修繕依頼は年間約230件に上る。「道路が陥没している」と電話連絡を受けて現場に行くと、くぼんでいるだけのケースもあり、「ミスマッチがあった」と話す。

 メールでの情報提供受け付けは8月下旬に開始。画像を見ることで被害程度が正確に分かるほか、スマートフォンでメールを送信する際に衛星利用測位システム(GPS)を稼働しておけば、位置が特定できる利点がある。

 運用を始めて以降、市に届いたメールは3通。9月1日以降は一通も届いておらず、認知度はまだまだ。市土木課の担当者は「小さな気付きで通報してもらい、異常を直すことで大きな事故を防げることもある」と利用を呼び掛けている。

 メールアドレスはsidou@city.hita.oita.jp

 市のホームページにある「市道の異状を見つけたら!」という画像を選択すれば、メールを送信できる画面が表示される。(中山雄介)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ