「くらし歳時絵学」も 福岡のアート集団、福岡市美術館で展示

西日本新聞 ふくおか都市圏版

 福岡のアート集団「RUSH」による展示会が、福岡市美術館(同市中央区)ギャラリーFで開かれている。油彩画や工芸品など約250点を展示している。27日まで、無料。

 RUSHは、絵画や工芸などの作家6人で構成。会場には、桜や動物を描いた油彩画をはじめ、欧州の伝統金工芸「クロスターアルバイテン」などが並んでいる。西日本新聞生活面で約10年間続き、29日付で最終回を迎える連載「くらし歳時絵学」は、掲載された全149回分が紹介されており、当時のニュースや世相を振り返ることができる。

 歳時絵学のイラストを担当し、RUSHのメンバーでもある西日本新聞写真デザイン部の大串誠寿・部次長は「図鑑や絵本としても楽しめるよう軟らかい描き方にこだわった。メンバーそれぞれの思いを感じ取ってもらえれば」と話している。 (帖地洸平)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ