【動画あり】国鉄の名車が泣いている…立ち上がった11歳 「ナハネフ22」救出タッグ

西日本新聞 中野 剛史

 国鉄の名車は、11歳のボクが守ります-。福岡市東区の貝塚公園に飾られている寝台特急「ブルートレイン」の客車「ナハネフ22 1007」が劣化から解体の危機に陥る中、地元の小学生が修復への活動の先頭に立っている。相棒は東京の40代会社社長。クラウドファンディングで資金300万円を募り、塗装や防さび対策などを施す計画だ。2人は声を合わせる。「これから新たに鉄道好きになる子どもたちのために残そう」と。

国内唯一の車両

 貝塚公園の近くに住む5年生の坂井利優(かずま)君(11)と東京都在住の高橋竜さん(45)。世代と距離を超えて2人を結び付けたのは「昔の国鉄車両の温かみが大好き」という共通した思いだ。

寝台特急「あさかぜ」=1986年12月10日、国鉄(当時)博多駅

 貝塚公園のナハネフは1965年の製造。現役時代、東京-博多を走った寝台特急「あさかぜ」や、九州内の寝台急行「かいもん」として活躍した。87年に引退、90年にJR九州が福岡市へ貸し出し、交通公園である貝塚公園で第二の人生を送っている。

 編成の最後尾に連結され、制動機を備える「緩急車」と呼ばれる車両で、貝塚公園の車両には〈急行〉のテールサインが付いている。20系の緩急車が国内で公開されているのは、他にさいたま市の鉄道博物館だけ。特に貝塚公園の車両は「ナハネフ22 1007」。1000番台は改造車の意味で、国内唯一の貴重な車両だ。

「走るホテル」だった

 ナハネフは寝台列車が長距離移動の主流だった時代の寵児(ちょうじ)だった。多くの旅客を運ぶための3段ベッド方式で、冷暖房を完備。「『走るホテル』って呼ばれていたんですよ」。10月にあった車両内の公開イベントで、車掌姿の利優君が見物客をガイドしていた。

四隅が丸くなったガラス窓を指さす坂井利優君。ナハネフの「機能美」を象徴する特徴だという

 魅力は他にもある。例えば四隅が丸くなった窓。旅心を誘うデザインだが、利優君によると「この形にすることで汚れを拭き取りやすくしている」そうで「『機能美』にあふれた車両です」。先端には展望スペースもあり、現代の観光列車の先駆け的な存在でもあった。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ