『記憶する体』 伊藤亜紗 著 (春秋社、1980円)

西日本新聞 夕刊

 見えていたときの習慣から、話をしながらメモを取る全盲の女性。事故で義足になった左足を積極的に使うことで、利き足が本来の右から左に変わったプロのダンサー―吃音(きつおん)やまひなどさまざまな障害のある11のケースを取り上げ、体に蓄積する記憶や知恵の役割を考察する。

PR

読書 アクセスランキング

PR

注目のテーマ