【動画あり】国内最大級クレーン、一夜で橋架ける 北九州市

西日本新聞

 国道3号黒崎バイパスの延伸工事が26日未明、北九州市八幡東区のJR八幡駅付近であった。国内最大クラスの3千トン級移動式クレーン(高さ約90メートル)を使い、一夜のうちにJR鹿児島線の上に跨線(こせん)橋を架けた。

 巨大クレーンは同市若松区の建設会社「ミック九州」が所有し、国内に3台、世界でも7台しかないという。

 作業は国道3号を約1・2キロにわたって通行止めにして実施。長さ81メートル、重さ308トンの鉄製橋桁をクレーンで地上約20メートルまでつり上げ、約1時間半かけて橋脚へ設置した。近隣住民らが作業を見守り、写真を撮影するなどしていた。

 跨線橋の架設は、八幡駅周辺の交通渋滞緩和が目的。クレーンを使った架設工事は11月末までにあと2回行われる。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ