時代仮装行列に歓声 いいづか街道まつり

西日本新聞 筑豊版 長 美咲

 江戸時代に旧長崎街道の宿場町として栄えた飯塚市をPRする「第8回筑前の國 いいづか街道まつり」が27日、同市中心部であり、多くの市民や観光客がイベントを楽しんだ。

 恒例の時代仮装行列には、地域住民や大相撲九州場所に合わせて市内に稽古場や宿舎を構える二子山部屋の力士など約300人が参加した。先頭の近畿大付属福岡高吹奏楽部の演奏に合わせ、午後3時に昭和通商店街を出発。本町、東町商店街を通り、コスモスコモンまで歩いた。火消しの格好をして参加した大学生の阿部将大さん(20)は「初めて時代劇風の仮装をした。沿道のお客さんからたくさん手を振ってもらえて楽しかった」と話した。

 まつりでは、ご当地グルメが味わえる出店、綱引き大会、着物の着付けコーナーもあった。本町商店街など3カ所にはステージが用意され、商店主らでつくる「東町ハイカラ一座」の公演、太鼓やダンスで観客を楽しませた。 (長美咲)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ