巨大サツマイモ 次々収穫、話題に 日田市、白石さんの畑

西日本新聞 大分・日田玖珠版 杉野 斗志彦

 日田市君迫町の白石守さん(85)の畑で、大きなサツマイモが次々に収穫され、近所の話題になっている。大きいもので重さ4キロと通常サイズの5倍以上はありそう。白石さんは「あまりに大きすぎて焼きいもにもしにくいなあ」と困惑している。

 畑は約30平方メートルで元々ブドウ園の一部だった。20年前からは何も作っていなかったが、「サツマイモが食べたい」との妻高恵さん(86)の要望に応え、7月上旬、ベニアズマを植え付け。今月23日に掘り起こしたところ、1個2、3キロクラスの巨大イモが鈴なりに実り、コンテナ6個分、約180キロを収穫した。

 収穫したイモは、通常サイズのイモが6、7本が集まってできたラグビーボールのような形状。「一つ二つならたまたまと思うがほとんどが大きい。土が合っていたのかなあ」と白石さん。近所の人に配って、残りは天ぷらにして食べるという。(杉野斗志彦)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ