万葉集テーマに博多人形新作展 福岡市で作家協会

西日本新聞 ふくおか都市圏版 手嶋 秀剛

 博多人形師グループ「博多人形作家協会」(川崎修一会長)の新作展が、福岡市・天神のアクロス福岡の匠(たくみ)ギャラリーで開かれている。新元号・令和ゆかりの万葉集をテーマに、山上憶良や大伴家持ら歌人たちの人形をはじめ、約70作品を会員14人が展示した。11月3日まで、入場無料。

 梅花の宴に興じる大伴旅人を出品した川崎会長は「旅人はこれで7作目。今回も人形師たちの力作がそろいました」。来年のえと・ネズミのさまざまな表情の小品も展示され、人形師たちが日替わりで制作実演も行っている。 (手嶋秀剛)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ