「ミッフィーの店」湯布院に誕生 ベーカリーとグッズ販売

西日本新聞 大分・日田玖珠版 稲田 二郎

 世界で愛されるウサギのキャラクター「ミッフィー」と森をテーマにしたショップ「湯布院 みっふぃー森のきっちん」が31日、由布市湯布院町川上の湯の坪街道そばにオープンする。ベーカリーとキャラクターグッズの併設ショップで、湯布院の新たな観光スポットになりそうだ。

 ミッフィーはオランダの作家でイラストレーターのディック・ブルーナ氏によって生まれたキャラクター。出店したのは寺子屋(京都)で、ディック・ブルーナ・ジャパン(東京)とのライセンス契約に基づき、ミッフィーのイメージに合っている「森に囲まれた湯布院」に店を構えたという。寺子屋がミッフィーの店を出すのは国内で2店目。

 店は2階建て(延べ床面積270平方メートル)。1階にはミッフィーの形をしたパンなどが並ぶベーカリーと、ミッフィーをあしらったキッチングッズを販売するショップが入る。グッズの品ぞろえは弁当箱や小皿、箸置き、コップなど1100アイテムに上る。2階は買ったパンを食べられる「イートインスペース」で、親子連れが写真を撮るなど、くつろげる空間になっている。

 営業は午前9時半から午後5時半(季節により変更あり)。年中無休。(稲田二郎)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ