「フランス絵画の精華」概要発表 九博で来年2~3月

西日本新聞 社会面 諏訪部 真

 九州国立博物館(福岡県太宰府市)は30日、来年2月4日~3月29日に開催する特別展「ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華」(西日本新聞社など主催)の概要を発表した。17世紀の古典主義から、19世紀の印象派誕生前に至るまでのフランス絵画を、国内初公開の名品も交えて一望する。

 東京富士美術館のコレクション形成に貢献したフランスの美術史家、ルネ・ユイグ氏へのオマージュを込めた特別展。フランスや英国の美術館が所蔵する油彩画69点で、古典主義の父とされるプッサン、女性肖像画家の草分けルブランらの作品を時代に沿って紹介する。国内初公開は華やかなロココ様式を代表するヴァトーの「ヴェネチアの宴」など17点。観覧料は一般1600円ほか。問い合わせはNTTハローダイヤル=050(5542)8600。 (諏訪部真)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ