【★どうが★やさしい日本語】「七五三(しちごさん)」の じゅんび で じんじゃ が いそがしい

西日本新聞

11(がつ) 15(にち) は「(しち) () (さん) 」の() です。

七五三(しちごさん) は、  日本(にっぽん) に  (むかし) から  ある  行事(ぎょうじ) です。

() どもの  成長(せいちょう) を  (いわ) います。そして、元気(げんき) に  (そだ) つように  (いの) ります。

7(さい) と  5(さい) と  3(さい) の  () どもと  家族(かぞく) が、たくさん  神社(じんじゃ) に  () ます。

() どもたちは、神社(じんじゃ) で「千歳飴(ちとせあめ) 」という  お菓子(かし) を  もらいます。

(いま) 、  福岡(ふくおか) () の「愛宕(あたご) 神社(じんじゃ) 」は  (いそが) しいです。

千歳飴(ちとせあめ) を  3000() ぐらい  準備(じゅんび) します。

神社(じんじゃ) の  (ひと) は「() どもが  元気(げんき) に  (そだ) つことを  (いの) ります」と  (はな) しました。


(もと) の  記事(きじ) は  こちら

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ