ハロウィーン、米首席領事は悪役?

西日本新聞

 仮装して楽しむ欧米発祥の収穫祭「ハロウィーン」の31日、在福岡米国領事館前では、西部劇の悪役に扮(ふん)したジョン・テイラー首席領事が通行人にあめやチョコレートを配った。

 大のハロウィーン好きというテイラー氏が「米国の文化を伝え、親切な市民に恩返ししたい」と発案。名探偵シャーロック・ホームズ姿で出勤し、夕刻にはカウボーイに“お色直し”して臨む念の入れように、職員も市民もびっくり。

 テイラー氏からお菓子を受け取った門田ゆりのさん(10)=福岡市=は悪役姿でも「優しい感じがした」とにっこり。交流も、一段と深まった様子だった。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ