切断障害者のアンプティサッカー、10年の進化と壁(下) 諦めない、応援団長の熱き提案

西日本新聞

 「どうせ観客が集まらないと思って、集客とか、いろいろ諦めてないですか」

 アンプティサッカーの試合を一緒に観戦していた「もの申す応援団長」の言葉が私に突き刺さった。細く長く取材を続ける中で、マンネリや思考停止に陥っていたかもしれない。

 脚の切断障害者が「クラッチ」という医療用の松葉づえを使ってプレーし、腕の切断障害者がゴールキーパー(GK)を務める障害者スポーツ。競技の10年の変化を振り返る前回の記事で、アンプティの日本代表がどうすればワールドカップ(W杯)で優勝できるのかを関係者に尋ねた。一つの答えが「大観衆の中での試合経験」だった。

 2011年に始まった国内大会。11月2、3日には川崎市で9回目の「日本選手権」が開かれる。着実に観客は増加傾向にあるが、満員のスタンドにはまだ遠い。今はまだマイナースポーツであっても「できることがあるはず」と力説する応援団長に話を聞いた。(三重野諭)

敵地でたった2人の日本サポーター

 東京都在住の浦和レッズサポーター、井上秀法さん(35)。おそらく日本で初めて、アンプティサッカーの選手個人の横断幕を作ったサポーターだ。

 

 競技に関わるきっかけは、高校の部活のチームメート。井上さんをサッカー部に誘ったのが、アンプティのW杯2大会連続で日本代表に入った平賀智行選手(34)だった。当初は平賀選手の所属する関東のクラブ「FCアウボラーダ」の応援が主だったが、競技全体への熱に火が付いたのは昨年のメキシコW杯前。エンヒッキ・松茂良・ジアス選手(30)との会食だった。ヒッキ選手はアンプティの元ブラジル代表。2008年に来日後、競技を日本に広めた立役者だ

 井上:ヒッキは日本に来て「なんでアンプティサッカーがないんだ」と、自分で道を切り開いていった開拓者。「日本代表としてW杯で優勝したい」という熱い思いをじかに聞いて、年下なのにかっこいいじゃん、こいつの夢を一緒にかなえたいって心底思うようになった。

 平賀の横断幕を作った際に、ヒッキがうらやましがっていたことも知っていたので、メキシコW杯の前に5万円かけて彼の分も作った。同時に「ヒッキが優勝したいなら、俺はサポーターの立場で何とかするわ。この横断幕を持ってメキシコまで行くわ」と伝えた。ヒッキの夢を平賀が一番近くで手伝っている。俺はその後ろを支えるサポーターになりたい。

エンヒッキ選手の横断幕の前に立つ井上秀法さん

 最初は応援団長なんてなるつもりはなかった。メキシコに行ったら、日本を応援しているのは俺と6歳の息子の2人だけ。スペイン語を少し話せるので「とにかく日本を応援してくれ」って、現地の人たちを巻き込むことから始めた。小さい渦がだんだん大きくなって、最終的に50人ぐらいが日本の応援をしてくれた。

 予選リーグで仲良くなった彼らに、「次の試合は友達を全員連れてきて」って言ったら、決勝トーナメントの初戦がまさかのメキシコ戦。3000人対2人。自分の声も、選手同士の声も通らない完全アウェーで、試合にも応援にも負けた。意気消沈していたら、「おまえが黙ってんじゃねえ」とばかりにメキシコ人が日本コールをしてくれた。

 W杯から帰国して、燃え尽き症候群みたいになっていたんですけど、メキシコから発信していた俺のツイッターを見てくれていた人たちが「(直後の)日本選手権では選手たちに何かしないんですか」って声をかけてくれた。期待に応えたいと思って、帰ってきた代表選手にスタンドからみんなでニッポンコールをしようと呼び掛け、多くの仲間に協力してもらい実現しました。

 --サッカーの盛り上げ方を参考にしている

 井上:サッカー経験もあるし、ずっと浦和のサポーターをやってきたから、声の出し方とか横断幕がどういうものか、基礎的なことは分かっているつもり。俺は彼らを「アスリート」として見ている。アンプティを一つの競技スポーツとして見ている。選手のみんなに上のレベルまで行ってほしいって願う立場。だからこそ、(代表や大会を運営する)日本アンプティサッカー協会には「こうあってほしい」ともの申すスタンスは絶対に崩したくない。

大会集客アシストへ、自腹切って広告

 --どんな注文があるのか

 井上:「新しい観客なんて来ない」「関係者しか来ない」と思っていませんか、って感じている。それなら俺は勝手にツイッターで集客のための広告を出すよ。それで1人でも10人でも新しい人がスタジアムに来てくれたらいいじゃんって、5月の大阪の大会でなけなしの3万円で動画広告を配信しました。

 協会だってスポンサー集めも、選手の強化も、本当はたくさん思いや願いがあるはずなんです。じゃあ、そのために実際に何をやるのか。やりきれているのか。やれない理由は何なのか。大会を見ていても何も新しさを感じない。人間だから「こういうもんだよね」ってところに落ち着いちゃうのは分かるんです。でも俺は疑問だらけ。

 集客のために届ける情報発信と、来場した人たちに届ける情報づくり。まずはここを徹底的にやってほしいんです。

 事前告知や大会当日、SNSでもっと発信できないか。大会に興味がある人へウェブページの情報の出し方は適切か。配布するパンフレット、開会式やあいさつ、試合の合間のコンテンツ、盛り上げる演出…。会場でもっと観客を意識して工夫できることはないか。写真を撮りたくなるような、観戦したことを人に伝えたくなるような仕掛けはできないか。

 選手、スポンサー、ファンにとっての最適解を設計しチャレンジして、効果があったもの、なかったものを整理して、次につなげていってほしい。

 選手サイドでは、新しい選手が出てきたり、新しいチーム戦術に挑戦したりしている中で、協会はもちろん、俺たちサポーター側も一緒になってアップデートしていきたい。共に努力していきたいんです。

若い選手の活躍は井上さんにとって応援の大きなモチベーションだ

 --井上さんが一番やりたいことは。

 井上:強豪国を招待した国際大会を日本で開催すること。国際大会となれば、新しい人が見に来てくれるかもしれない。新しいスポンサーがつくかもしれない。新しいメディアが取り上げてくれるかもしれない。俺はメキシコに負けて帰ってきたから、メキシコを日本に呼んで完全ホームの中でリベンジマッチをやりたいって思っていて。でも選手に提案したら「メキシコじゃテンションが上がらないからブラジルを呼んでくれ」とわがままを言われました。

 アンプティの歴史が日本と同じぐらいのポーランドは、今や強豪国の一つにまで成長している。その理由の一つに国際大会を自国でやっているからじゃないかって仮説があって。ポーランドにできて、なぜ日本にできないのか。俺は勝手にポーランドをライバル視しているから、彼らの成長はむかつくんですよ。絶対にポーランドには負けたくない。

 --同じ障害者サッカーで言えば、ブラインドサッカーは日本で観覧有料の国際大会もやっている。

 井上:俺からすると、ブラサカにできて、アンプティができない理由がない。アンプティはアスリート性もバチバチ感も戦術の面白さもある。人を呼べる、人を魅了するコンテンツだって自信があるんです。

 集客や認知向上、強化など、今抱える課題を解決する手段として国際大会がベストな取り組みだと思う。お金もかかるしリスクもあるけど、お金がないならクラウドファンディングでも、グッズを売っても、スポンサーを取ってきてもいい。国際大会が実現するためなら俺もなんでも協力します。俺の夢は、日本がW杯で優勝すること。それは絶対に不変。そのために必要なことはなんだって挑戦したい。

大会で優勝を果たしたアウボラーダの選手たちと満足げに写真に収まる井上さん」(左端)

サポーターとしての願いは「八咫烏」

 実は、もう一つ別の夢があるんです。アンプティ日本代表の選手たちに八咫烏(やたがらす)のエンブレムを付けてプレーしてもらいたいんです。メキシコW杯ではサッカーのA代表と同じユニホームを着ていた国がいくつもあって、それがめちゃくちゃかっこいいんですよ。それだけでその国でのアンプティの位置づけが分かる。

 でも日本は違う。(アンプティも加わっている)日本障がい者サッカー連盟は、日本サッカー協会(JFA)に加盟しているはずなのに違う。大人の事情も理解できるけど、そこはなんとか調整してほしい。だって、その方がかっこいいから。サポーターとしての単純な願いなんですけどね。

◇◇◇

 10年間に開かれた国内大会の大部分を現地観戦した私にとって、うなずける指摘ばかりだった。前提として、試合や日本代表を運営する協会の関係者は手弁当で活動しており、さらに大会は多くのボランティアが支えている。井上さんも当然、それを知っている。これは他の障害者サッカー、マイナースポーツにも共通しているはずだ。

 自分の貴重な時間やお金をかけて競技に懸ける協会やボランティアの皆さんの顔を思い浮かべると、私は外部から改善を提案することにちゅうちょする気持ちもある。それでも「選手のために、盛り上げるために、まだ運営側がやれることはあるはず」という応援団長のメッセージには全面的に同意する。井上さんは協会側と直接意見をやりとりしている。

セレッソ森島社長も魅力を認める

 この10年、選手や協会、ファンやスポンサーの尽力で競技に関わる人の輪は確実に広がってきた。「競技の普及に飛び道具はない。人のつながりが大事。学校訪問やイベントで選手と触れ合い、人柄を知って試合を見に来てくれる人が多い」。国内クラブスタッフの言葉には実感がこもっていた。

 5月の大阪市の大会では、「競技については以前から知っていたけど、選手から直接『来てください』と言われたので」と初観戦を楽しむ親子連れの姿もあった。杉本健勇選手(浦和レッズ)とアンプティ日本代表選手の交友が縁で、スタンドの最前列で声援を送る少年たちもいた。積み重ねは実を結んでいる。

決勝戦を前に選手たちを激励する森島寛晃社長(右)

 会場にはセレッソ大阪の森島寛晃社長の姿もあった。アンプティを映像で見たことはあったが、観戦は初めてという森島社長。日本障がい者サッカー連盟の北沢豪会長から選手の特徴をレクチャーされつつ、ピッチのそばから鋭いまなざしを送っていた。

 「個人の技術に加え、質の高い連携の面白さも見せてもらった。例えば、前線に当てて戻したボールをシュートするコンビネーションは意図的だった。脚1本でのプレーという過酷さの中での頑張りはすごく伝わってくる。お互いカバーしながらゴールを目指す。得点後のガッツポーズにも一体感を感じた」

 「私もそうだったが、現場で見れば迫力とスピード感が分かる。皆さんに興味を持ってもらい、1度足を運んでもらえるような発信を、クラブを通じて微力ながら協力したい。もうちょっと関わりを持ちたい。選手たちが上を目指していけるように」

 応援団長と森島社長が太鼓判を押した競技。興味を持った方はぜひ、日本選手権など試合会場で迫力を体感してほしい。2人は立場は異なるが「選手のために」という視点で発信を訴える姿勢は共通していた。これまでの選手や協会、クラブ、スポンサー、ファンの着実な積み重ねをさらに飛躍させるために、各自がもっとできることはないのか。私自身も一人のファンとして、ともに考え、協力していきたい。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ