一斉離陸、キャラクターに歓声 バルーンフェスタ初日

西日本新聞 佐賀版 穴井 友梨

 佐賀の秋空に熱気球が吸い込まれた-。佐賀インターナショナルバルーンフェスタが31日に開幕した。佐賀市の嘉瀬川河川敷では早朝に気球が次々に飛び立ち、個性豊かな気球が並ぶ「バルーンファンタジア」があった。

 快晴で風も少なく、気球が一斉に離陸。パイロットは風向きや風速を読みながら気球を飛ばし、自ら決めたゴールに向けて小さな袋「マーカー」を投下して距離の近さを競う「パイロット・デクレアド・ゴール」などの競技に臨んだ。

 競技に参加する気球が飛び立った後にはバルーンファンタジアを開催。クマやタコなどキャラクターを模した変形気球がロープに係留されて並んだ。家族連れが気球を近くで眺めたり、パイロットと記念撮影をしたりしていた。

 大会40回目を記念して変形気球の参加数が増え、人気アニメ「ミニオンズ」のキャラクターの気球も初登場。一緒に記念撮影していた福岡県久留米市の笹沼諒陽(あさひ)ちゃん(4)は「かわいくて好きなので、写真が撮れてうれしい。気球の選手になって乗ってみたいな」と話した。(穴井友梨)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ