新展示 描いた絵が動く! 荒尾市の子ども科学館新装

西日本新聞 熊本版 宮上 良二

 荒尾市が7月から改装工事をしていた同市荒尾の子ども科学館「あらおキッズドーム」が1日、オープンした。開館33年で老朽化した物理や電気などの展示品を一新し、国内外で人気を集める体験型デジタルアートを手がけるチームラボキッズ(東京)の作品3点を展示した。同社の作品の常設は県内で初めて。

 新たな展示は、紙に描いた建物や車、宇宙船などの絵が立体的に出現して巨大なスクリーンの街で動きだす「お絵かきタウン」、その絵が展開図になり、組み立てることができるペーパークラフト体験など。同社の西口正人さん(35)は「みんなが共同で世界をつくり出していく楽しさを感じてほしい」と話した。

 事業費6100万円。市は来年度以降もデジタルアート展示を増設する予定。入場料は中学生以上700円、3歳~小学生300円、2歳以下無料。同館(荒尾総合文化センター内)=0968(66)4111。(宮上良二)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ