田川市「百年の鐘」 仲むつまじく鳴らして

西日本新聞 社会面

 福岡県田川市のシンボル、三井田川鉱業所伊田坑跡の二本煙突を臨む同市伊田の石炭記念公園内に「百年の鐘」(高さ約2・7メートル、横約2・4メートル)が完成し、1日、除幕式が行われた。

 1908年に築造された二本煙突は、長年仲むつまじくたたずむ姿から「夫婦煙突」とも呼ばれ、市は恋愛成就のオブジェにしたい考え。築111年の11月1日、午前11時と式典時刻も1を並べて縁起を担いだ。

 地元のチェリスト、加治誠子さんが「愛のあいさつ」を演奏。二場公人市長や制作者のそのだ正治さんらと鐘を鳴らし初めした。カップルでもお一人でも、お待ちしてます。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ