宵曳山 勇壮に 唐津くんち開幕

西日本新聞

 佐賀県唐津市の唐津神社の秋季例大祭「唐津くんち」が2日夜、宵曳山(よいやま)で開幕した。ちょうちんに照らされ、幻想的に浮かび上がった14台の曳山(ひきやま)が秋の城下町を勇壮に駆け抜けた。

 午後7時半、今年誕生200年を迎えた刀町の1番曳山「赤獅子」が市中心部を出発。獅子や兜(かぶと)、鯛(たい)などをかたどった曳山が次々と合流し、笛や太鼓の曳山囃子(ばやし)に合わせ、曳(ひ)き子たちが「エンヤー」「ヨイサ」と威勢のよい掛け声を町に響かせた。沿道は約24万人(唐津曳山取締会発表)の見物客でにぎわった。

 3日はお旅所神幸(しんこう)があり、曳山を豪快に砂地に引っ張り込む「曳き込み」が最大の見せ場。4日は翌日祭で、市街地を曳山が巡行し、閉幕する。(野村創)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ