琴奨菊関が子どもに稽古 柳川で雲龍顕彰相撲大会

西日本新聞 筑後版 森 竜太郎

 江戸時代の名横綱で、柳川市出身の雲龍久吉(1822~90)をたたえる「第10代横綱雲龍顕彰記念少年相撲大会」(西日本新聞など後援)が3日、同市大和町鷹ノ尾の雲龍の郷相撲ドームで開かれた。自らも大会を制したことのある地元出身の琴奨菊関も訪れ、子ども力士に稽古をつけた。

 琴奨菊関は小5、6年時に個人戦で連続優勝。現在は九州場所を前に毎年激励に駆け付け、優勝チームや個人に賞品を提供してる。

 この日は、同じ佐渡ケ嶽部屋の琴翼さん、琴大龍さん(遠賀町出身)を伴って土俵へ上がった。子どもたちのまわしをつかんで軽々と持ち上げたり、押し出されたりして見物人を沸かせ「10日からの九州場所では、勇気と感動を与えられるように一生懸命頑張ります」とあいさつした。

 大会には県内外の45小学校から計275人が出場した。 (森竜太郎)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ