秋空彩り祭典閉幕 バルーンフェスタ

西日本新聞 佐賀版 穴井 友梨

 佐賀市の嘉瀬川河川敷で開かれていた佐賀インターナショナルバルーンフェスタは4日、閉幕した。開催40回を記念する大会に連日、国内外から多くの来場者が詰めかけ、秋空に浮かぶ熱気球の彩りに目を奪われた。人々を魅了した5日間の大会を写真で振り返る。

 フェスタ最終日の4日は風の影響で競技飛行やエキシビションマッチが中止に。キャラクターを模した変形気球を並べる「バルーンファンタジア」も立ち上げられた気球はわずか。ただ、バーナーを操作して炎を出したり、膨らませた球皮の中に入ったりするイベントは開かれ、子どもたちに笑顔が広がった。

 40回大会を記念するレースマシンのデモ走行も開催。プロドライバーの佐藤琢磨選手とジェンソン・バトン選手が河川敷の道路をレースマシンで走行。見物客はエンジン音を響かせて疾走する車に見入っていた。(穴井友梨)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ