博多の日宋貿易港跡か 冷泉小跡で石積み遺構発見

西日本新聞 社会面 泉 修平

 福岡市博多区上川端町の冷泉小学校跡地が、平安時代後期からの博多の初期交易港だった可能性が出てきた。港の所在地はこれまで不明だったが、市が平安時代後期の11世紀後半から12世紀前半の交易港跡とみられる石積み遺構を同小跡地で発見したと発表。さらに倉庫や荷降ろし場など関連施設の遺構がないか来年度末まで裏付け調査を進める。日宋貿易を通じて国際交易都市となる博多。識者は「博多の街の成り立ちを知る上で重要な発見」と指摘する。

 市埋蔵文化財課によると、石積み遺構が見つかった同小跡地は、櫛田神社の北側約50メートル。当時は那珂川などの河口に近い海岸だったと考えられている。

 石積みは現在確認できている部分で長さ約35メートル、高さ約40センチ、幅約1・2メートル。地下約4メートルから出土し、階段のような構造もあった。周辺から出土した中国産の白磁器から平安時代後期と特定した。火薬の原料として輸出していたとみられる硫黄なども見つかっている。

 博多湾では、古代から交易を担ってきた迎賓館「鴻臚館」(同市中央区)が11世紀後半に廃絶されたのを機に交易拠点が博多に移動。中国商人も居住するようになり、現在の街の礎となったとされる。これまでに冷泉小跡地に近い冷泉公園の東側で白磁器が大量に見つかっていたことから、周辺に交易港があったと考えられていた。

 九州大文学部の佐伯弘次教授(日本中世史)は「鴻臚館の時代が終わり、博多に貿易の中心が移って最初の時代の交易港とみられる。全国的にも中世の港はあまり発見されておらず、非常に貴重だ」としている。 (泉修平)

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ