元警官 無罪主張 「身に覚えない 」 小郡母子殺害初公判 福岡地裁

西日本新聞 鶴 善行

 福岡県小郡市で2017年6月、妻と子ども2人を殺害したとして、殺人罪に問われた元県警巡査部長の中田充被告(41)=懲戒免職=の裁判員裁判初公判が5日、福岡地裁(柴田寿宏裁判長)で始まった。罪状認否で中田被告は「一切身に覚えがなく事実無根。間違いなく冤罪(えんざい)です」と無罪を主張した。被告の関与を直接示す証拠はなく、検察側が関係者の証言など「間接証拠」によって被告の犯行を立証できるのかどうかが最大の注目点となる。

 起訴状によると、中田被告は17年6月5日深夜から同6日未明にかけ、同市小板井の自宅で、妻由紀子さん=当時(38)=の首を何らかの方法で圧迫して殺害した他、小学4年の長男涼介君=同(9)=と小学1年の長女実優さん=同(6)=の首をひものようなもので絞めて殺害したとされる。

 検察側は冒頭陳述で、中田被告は日ごろから妻に生活態度を注意され、同僚に「妻に死んでほしい」と述べていたと説明。残業とうそをつきギャンブルに興じていたことが妻に発覚して離婚話になっており、「家庭を顧みず不満をためていた。妻や子どもを殺害する動機となり得る事情があった」と主張した。

 また、中田被告の携帯電話の歩数計アプリ記録などから、被告が犯行時間帯に自宅で起きていたことや、第三者の犯行をうかがわせる事情がないことを踏まえ、「被告以外の犯行は考えられない」と述べた。

 一方の弁護側は、「夫婦関係は悪かったが、殺害の動機につながるものではない」と反論。被告を犯人と断定する直接の証拠はなく、「検察側の主張では第三者が介在した可能性を否定できない」とした。(鶴善行)

PR

PR

注目のテーマ