西鉄白木原駅構内で鉄筋落下 電車接触も異常なし

西日本新聞 社会面 吉田 真紀

 5日午前10時50分ごろ、福岡県大野城市白木原1丁目の西鉄天神大牟田線白木原駅構内で、高架工事の足場に仮置きされていた鉄筋(長さ約4・5メートル、直径16ミリ、重さ約7キロ)が、約10メートル下の線路と下りホームにまたがる形で落下、直後に入ってきた下り普通電車(7両編成)と接触した。電車に約50人、下りホームに3人の客がいたが、けが人はなかった。

 西日本鉄道(福岡市)によると、運転士が急ブレーキをかけたが間に合わず、先頭車両の前面と接触した。足場には当時、鉄筋8本が仮置きされており、作業員が、別の建設資材を足場に接触させた衝撃で、1本が落下防止の囲いを越えて落ちたとみられる。

 電車に異常はなく、約25分後に運転を再開。事故の影響で、計31本が運休や部分運休し、約4千人に影響が出た。 (吉田真紀)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ